マスク焼け 対処法

気になること

強烈な日差しに、干からびそうな肌、モワッとしたマスク内の熱気で気までおかしくなりそうです。

少し前は、マクスによる肌荒れで悩み、 皮膚科が駆け込み寺になってましたが、

今は、マスク焼けで悩む人が増えているようです。

日焼け止めをしていても、マスク焼けしてしまった!

汗で日焼けどめが落ちてしまった!

マスクをしているから、ファンデーションをしなくなった!

など、日焼け対策が疎かになりがちでもあります。

日焼け止めを小まめに塗るしかないのですが、

もし日焼けしてしまったら、

とにかく肌をクールダウンし、保湿をすること。

数日して落ち着いてから、美白ケアをする。

今、お肌に必要な成分は、

♦︎ビタミンc

♦︎ハイドロキノン

ビタミンCの抗酸化作用で、ダメージケアしながらシミの原因となるメラニンの生成を抑えてくれます。

一方、ハイドロキノンは、今までも書いてきてますが、

皮膚科でシミ消しレーザーをすると処方される薬で、できてしまったメラニンを還元する作用があります。

この2つのケアが同時に叶う商品がこちら

今なら、トライアルセット購入限定

「ビタミンC配合のあぶらとり紙」か「UVスキンケアシート」

プレゼントがあります!

8月20日までなのでお急ぎください。

↑マクス焼けに悩むあなたへ

タイトルとURLをコピーしました